2018年度地域活性化プロジェクト、始まってます!

こんにちは。i-BOXです。
現在開催中の、芸術・スポーツビジネス専攻3年生の授業「地域活性化プロジェクト」。この授業は、岩見沢のまちへ学生が飛び出して、一からイベントを考え、実施することで、企画や作業プロセスを学ぶ実践的授業です。昨年度までは、1学年25名を「商」「農」のチームに分け、JR岩見沢駅前でキャンドル作成・点灯イベントや、岩見沢市栗沢のレストラン「大地のテラス」の敷地を使って屋外イベントを開催しました。

地域活性化プロジェクト

今年度の地域活性化プロジェクトは、「アート」と「スポーツ」二つのチームに分かれ、8月上旬イベント開催を目指します。
スポーツプロジェクトチームは、8月5日(日)に開催される「北海道森林スポーツフェスタ×岩見沢トレイルラン」を舞台に、来場者をターゲットにした“イベント実施”に挑戦します。GW前に行われた授業では、岩見沢トレイルラン実行委員会の大和勝委員長から、「北海道森林スポーツフェスタ×岩見沢トレイルラン」に関する説明が行われました。
一方、アートプロジェクトチームは8月上旬に「大地のテラス」敷地内を使用してイベントを開催します。4月下旬には、大地のテラス及び周辺環境の視察を行って、イベント開催に向けて話し合いを始めています。
「そもそも、なんのためにイベントを行うのか?」
「来てくれた人に何を持って・感じて、帰ってもらおうか?」
お邪魔させてもらった企画会議では、そんな言葉が飛び出していました。今年はいつになく、ターゲットを意識したイベント作りになりそうな予感…!
今後は、6月7日に行われる授業で企画の詳細が発表されるとのこと。こちらのFacebookでも続報をご紹介しますので、今後も是非気にしていただければと思います。