素敵なロシアンナイト☆☆(前)


こんにちは。i-BOXです。
2月2日(金)17時より、北海道教育大学岩見沢校i-HALLでは、音楽文化専攻生有志による演奏会「ロシアの夕べ~Russian Night~」を開催致します。ロシアで生まれた声楽作品・器楽作品の発表を行いますよ!本日は、演奏会を主催する声楽第2研究室の服部麻実先生にお話を伺います。

ロシア音楽を聴いてみませんか?

― 本演奏会を行うことになったきっかけを教えてください。
「もともと私の専門分野で研究してきたのがロシア音楽です。今回の演奏会は、私から生徒たちに提案したことが発端となっています。ロシア語の歌を知らなかった学生がほとんどですが、学生が自分たちで資料を探して、ロシア語の勉強から準備を始めました。」
― ロシア生まれの楽曲の魅力はどんなところにあると思いますか?
歌のフレーズの大きさ、豊かさからロシアの広大な平原を感じ取れると思います。その時々の政治や時代の流れによって音楽家達は翻弄されてきましたが、それに負けずに音楽をつくり続ける強さ、タフさも魅力です。
器楽曲は日本でもよく耳にする場面が有りますが、声楽はなかなか日本に馴染みがありません。詩の中にはその国の心が宿っています。学生達には今まで関わりの薄かったロシアの楽曲から、音楽の世界に対する視野が広げられる機会になればと考えています。」
― ご来場いただく皆さまに、コメントをお願い致します。
「歌はその国のすべての文化に根ざしているものなので、言葉の意味はわからなくてもハートでロシアを感じていただければ嬉しいです。こういった機会をいただけるのは幸せなことだと思います。学生一同、準備して次に繋がる良い演奏会になるように頑張っています!」
服部先生、どうもありがとうございました!先生と学生の皆さんの並々ならぬ情熱が伝わってきますね~。明日は声楽で上演する中村ひな乃さんにお話を伺います!

「ロシアの夕べ~Russian Night~」(※終了しました)

日 時:2018年2月2日(金)17:00開演 
会 場:北海道教育大学岩見沢校i-HALL
  (岩見沢市緑が丘二丁目34)
入場無料