木工特講で「熊」ができるまで(前)

こんにちは。i-BOXです。ただいまi-BOXで開催中の「木工特講作品展 木彫り~熊をモチーフに~」は、ご来場のお客様にたいへんご好評いただいております。4日間という短い期間で集中的に行われた授業「木工特講」。受講した学生たちは木材工芸を専攻している学生ばかりでなく、プロダクトデザインや染織など、さまざまな分野を学んでいる学生が集まって計6人が制作を行いました。しかもそのうち3人は1年生!
そんな「木工特講」での木彫りの熊の制作工程を、前編・後編の2回に分けてご紹介します。

木彫りの様子!(前編)



まず最初は、木の丸太から作品にふさわしく、きれいな部分を切り出す“木取り”から始まり、その切り出した木材をおおまかに作品の大きさ・形に合わせて彫る“粗彫り”という作業をするのですが、今回の木工特講は限られた少ない時間で行われるため、ここまでの作業は講師の三好純男先生が済ませた状態で授業に持ってきて下さりました。
とはいえ、この状態ではまだ何になるのか全く分からない形の木材。ここから、学生たちが三好先生に教わりながら“熊”に変身させるべく彫り進めます。
頭や手足などを意識して熊の形を彫り出していく“中彫り”の作業に入るのですが、今回のテーマとなっているのは器の形をした木彫りの熊。触れるとゆらゆら揺れるのがとても可愛らしいのですが、実はこの形が学生たちを悩ませたのです…!!



丸みのある不安定な形のため、固定させて彫るというのが一筋縄ではいかない様子。慣れない作業に試行錯誤しながら、ノミという道具で木材と格闘する学生たちは真剣そのものです。
中彫りが終わると、次は彫刻刀などを使って目や口などの細かい部分を彫ったり、全体のバランスを考えて形を整えていく“仕上げ彫り”を行います。だんだん熊らしくなってきましたね。
さて、本日はここまで!続きは後日またご紹介しますので、後編もお楽しみに♪

「木工特講作品展 木彫り~熊をモチーフに~」

会期:2017年8月26日(土)~9月10日(日)
時間:10:00~17:00
会場:北海道教育大学岩見沢校BOX[i-BOX]
  (岩見沢市有明町南1番地1 有明交流プラザ2階)