修了・卒業制作展、いよいよ明日開催!


こんにちは。i-BOXです。
本日は、明日から開催される「2017年度 北海道教育大学岩見沢校 修了・卒業制作展」の搬入の現場にお邪魔してきました!

ついに卒業制作展の作品搬入!

i-BOXスタッフが会場のまなみーる岩見沢市民会館に到着すると、学生たちが運び込まれた作品の展示に取りかかったり、次の搬入トラックの到着を待っていたりと、賑やかに作業をしていました。
まず、ひときわ目を引いたのがエントランスロビーのど真ん中で展示の準備をしている巨大な“何か”。大きな道具を使って持ち上げ、角度を調整しています。覆っていた布が取り払われると、現れたのは大木!どんな作品なのか、実際に会場で見て確かめてくださいね。
書や映像作品の展示準備をしている学生たちを取材していると、次の搬入トラックが到着。冷たい風が吹く中、学生みんなで協力して作品を会場へ運び入れます。展示の構想を練る段階で「作品が会場に入りきらないかも…!」といったピンチにも直面した今回の展覧会、試行錯誤の上、どのように作品が展示されるのか楽しみですね。

最後に、卒業制作展の総務代表・中村小麦さんにお話を伺いました!
「今回は昨年度までと会場が異なり、新しい環境で分からないことも多く大変な毎日でしたが、ここまで来ることができて良かったです。どの学生も力を入れて制作に取り組みましたので、ぜひご来場ください!」
まなみーる岩見沢市民会館では明日から2月11日(日)までの開催です。札幌会場はJRタワープラニスホール、および本学アーツ&スポーツ文化複合施設HUGにて、2月14日(水)~2月25日(日)の期間に開催されます。
美術を専攻する学生、院生のみなさんの集大成をぜひご覧くださいね。
詳細は、修了・卒業制作展Facebookをご覧ください→https://www.facebook.com/hokkyo2017sotsuten