ケガ人続出!?ハロウィン特殊メイクパーティー!

こんにちは。i-BOXです。
昨日はハロウィンということで、お友達やご家族と仮装をして楽しんだ人も多いのではないでしょうか。しかし本校の学生ホールでは、仮装した人…ではなく、ケガ人が続出した様子!??

怪我人続出!?

…いえいえ、実はこちら、特殊メイクなんです。
美術文化専攻4年の大池ひとみさんによる「Halloween怪我メイク」と題したプチ・イベント。学生ホールにて看板を掲げ、希望者にその場で特殊メイクで「傷」などを作り、ちょっぴりダークな仮装(?)を楽しんでもらったそうです。 傷口の皮膚が少し盛り上がったようなリアルさを出すことができる専用の特殊メイク道具と、コンシーラーやチーク、アクリル絵具、血のり等を駆使して施された「怪我メイク」は、通りすがりの人が驚いて思わず二度見してしまう生々しさ…!お見事です!

そんなメイクを手がけた大池さん自身も、骸骨メイクですごい迫力。 メイクをしてもらった学生たちは「友達や家族に見せて驚かせよう!」とイタズラ心をくすぐられ、とても喜んでいたようです!ハロウィンにちなんで、メイクをしてもらった皆さんはお礼として大池さんにお菓子をプレゼントしたんだとか。



以前からやってみたいと考えていたという大池さん、企画大成功となりました!