まなロビで「人形劇」??(後)


こんにちは。i-BOXです。
明後日はまなみーる岩見沢市民会館にて、毎月1回のお楽しみ「まなロビ」の公演日です。これまでにも本校の学生が、クラシックやジャズ、時にはダンスやトークも交えながら音楽や表現の楽しさをお伝えしてきました。

そんなまなロビが今回、満を持して企画したのは「人形劇」!本日は実際に上演を行う美術文化専攻4年生の大池ひとみさんにお話を伺います。



公演まであと少し!

―いよいよ公演が近づいてきましたが、進捗はいかがでしょうか?
「やばい…んじゃないかな、と思います(笑) 人形の制作と台本づくりと音楽の演出を同時進行で行っているので、しっかりとテーマを伝えられるようにそれぞれの作業工程で調整を続けています。」

―大池さんと嶋崎さんのお二人は、巨大人形劇“岩見沢人”の制作でも活躍されていましたね。
「“岩見沢人”に関われたことはとても良い経験です。大学に入学したときから、演劇等の舞台美術には興味がありました。“岩見沢人”の制作に参加し、演出・総監督の沢則行さんから学んだことや、過去のまなロビやコンサート、演劇での舞台美術制作の経験の積み重ねが今回の人形劇に活かされ、私の今までの集大成になると思います。

―それでは、最後に来場者へのメッセージをお願いします!
「今回の人形劇で、クスっと笑えるようなところを見つけてもらえたら嬉しいです。ご来場お待ちしております!」

―大池さん、どうもありがとうございました!

追い込み作業中での取材でしたが、快く丁寧に答えてくださいました。穏やかな語り口調の中に、好きなことへの情熱が滲みでていたことがとても印象的です。大学生活を舞台美術に懸けた大池さんと嶋崎さんの公演、ぜひお楽しみください!
「まなロビvol.45」は明後日29日(金)19:00開幕です!!


「まなロビvol.45」(※終了しました)

日時:2017年9月29日(金)19:00~20:00
会場:まなみーる岩見沢市民会館ロビー
  (岩見沢市9条西4)
入場無料