授業「地域プロジェクトⅡ」発表会に行ってきました!

こんにちは。i-BOXです。 7/22(土)よりi-BOXにてタイ舞踊の衣装を展示してきた「T-Collection vol.5 岩澤孝子『かわいいタイ』」は、今日から後期展がスタートしました。前期展とはまた雰囲気の違う衣装や小道具などが並んでいますので、こちらも是非ご覧くださいね!

たくさんのアイデアを現実に!

さて、今日は授業「地域プロジェクトⅡ」の話題です。この授業は、2年生全員の必修授業。「地域文化復興」「地域活性化」「社会包摂」「高齢者福祉」をテーマに9グループに分かれ、1年生の後期授業「地域プロジェクトⅠ」で考えたプランを、実行に移します。
i-BOXのFacebookページでも、市の観光協会の方をお呼びした授業や、郷土科学館とのコラボ企画など、度々ご紹介をしてきましたね。
授業最終回を迎えた先週月曜日には、全体発表会が実施され、9グループがこの半年で何を行ったか、それぞれ発表をしました! 例えばとある班は、岩見沢のパン屋さんをイラストマップにした「ザワパンマップ」を作成。「地域文化復興」をテーマに地域資源に目を向けた学生たち。そこで気がついたのは教育大から岩見沢駅までの周辺にはたくさんパン屋さんがあることでした。そこで、学生目線で食べて歩いて独自調査を行い、イラストマップを作ったのだとか。



また、別の班は、岩見沢市の姉妹都市であるポカテロ市との交流を計画。暑い夏の日に、いわみざわ公園で流しそうめんやカキ氷、おにぎり、和菓子などの日本食を通じて、日本文化への理解を深めてもらおうと計画。その日は7月7日だったということもあり、短冊にお願い事を書いてもらって、七夕気分も味わってもらったそうですよ。

芸術やスポーツの力を使って、自分たちには何が出来るのでしょうか。
1年生の授業では概要を学び、計画をたて、2年生次に実行。そして、来年3年生になると、今度はそれぞれの専攻に分かれて、更なる実行を行います。2年生の皆さん、お疲れ様でした。今から来年の「地域プロジェクトⅢ」が楽しみですね。