秋の夕べに室内楽♪④笑いもOK!恋のドタバタ小劇場

こんにちは。i-BOXです。
室内楽選抜演奏会まであと4日!本日は、モーツァルト作曲のオペラ「コシ・ファン・トゥッテ」をご紹介します。こちらは重唱ということで計6名の学生が出演します。まずはストーリーについてご紹介です。

☆★コシ・ファン・トゥッテ ストーリー解説★☆

【第1幕】
若い二人の士官フェルランドとグリエルモは恋人が自分たちを裏切るようなことは決してないと信じていますが、老哲学者のドン・アルフォンソは、そんなことはないと彼らの純真さを笑い、どちらの言い分が正しいか賭けをすることになりました。
賭けの方法は、フィオルディリージ(グリエルモの恋人)と、その妹ドラベッラ(フェルランドの恋人)に、彼女たちの恋人二人が急に戦争に行かなくてはならなくなったと伝え、士官二人には実際に船に乗って出発するふりをさせます。恋人がいなくなって悲しむ姉妹に、アルフォンソは、士官二人を変装させて、姉妹に別人として紹介し誘惑させようとします。
女中のデスピーナに協力を仰ぎ、姉妹の家で変装した二人を紹介するアルフォンソ。さて、姉妹はいったいどんな対応をするのでしょうか。恋のドタバタ劇の行方や如何に…!?
☆★☆★☆


波乱のストーリーが描かれる「コシ・ファン・トゥッテ」の見所を、グリエルモの恋人・フィオルディリ―ジ役の服部晶さん(4年)にお伺いします。


「1幕のフィナーレというだけで見所なのですが、ソプラノ3声、男声3声でバランスよく全ての声域が登場するのは大きなポイントだと思います。また、恋人を信じる二人の士官・フェルランドとグリエルモの演技に注目して頂きたいですね。歌っている側から見ても、面白いです(笑)あらすじも難しく、オペラと聞くとどうしてもお堅いイメージが強いと思うのですが、笑えるところは大いに笑って構いません!どうぞ、楽しんでお聞き頂けることを学生一同願っております。」

恋の行方は是非「学内室内楽選抜演奏会」でお確かめください!









学内室内楽選抜演奏会(※終了しました)

公演日 2017年10月13日(金)
時 間 16:00開場/16:30開演
会 場 北海道教育大学岩見沢校 i-HALL
   (岩見沢市緑が丘2-34)
入場料 無料